清水勧業からのお知らせ

清水勧業から旬な情報をお届けします!!

2016年10月25日

石狩LNG発電所建設現場見学

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
今回は、第一営業グループからの紹介記事です。

北海道初となるLNG(液化天然ガス)発電所の建設現場を見学して来ました。

LNG地図.jpg

石狩湾新港に建設されている発電所は、燃料となるLNGタンクが石狩市にあり、発電所が小樽市に位置し、二つの市をガス導管が結んでいます。

conpre_160920_04_zoomドウカン.jpg

石狩湾新港発電所は3号機の建設が計画され、現在は1号機の営業運転開始予定の20192月に向けて工事が行われています。

 LNG1.jpg

写真1:タービン建屋(左側)煙突(右側)

煙突はこれから80mの高さになる予定です。(私は高所恐怖症のため上りたいとは思いません(笑))

北海道内の火力発電所は2019年までに運転年数が40年を超過する設備が多々あり、その代替電源と期待される発電所の全てが完成すると泊発電所に次ぐ大型電源となります。発電効率の良い「ガスタービン」と「蒸気タービン」を組み合わせた「コンバインドサイクル発電方式」を採用しています。

ガスタンクは完成すると高さ約60m、直径約90mの大きさとなります。

 LNG2.jpg

写真223klタンク

1号機フル発電で約2ヶ月の燃料を溜めておくことが出来るそうです。

石狩LNG基地には既に二つのタンクがあり建設中のタンクはNo.3タンクとなります。


 LNG3.jpg

写真3:既存タンクと輸送船

LNG輸送船が入港しており、その姿を見ることが出来ました。前が見えない船をどう操作するのかいつも不思議に感じます。

 lng_panoramic_viewタンク.jpg

下の写真はNo,3タンクの建設前の写真です。

contank_141117_01タンク12.jpgplant_panoramic_view発.jpg



電気は重要なライフラインです。安定した供給をしていただき私達が安心して生活できる環境を整えていただけることに感謝するとともに工事中の安全を願う見学となりました。



Posted by 清水勧業 at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。