清水勧業からのお知らせ

清水勧業から旬な情報をお届けします!!

2017年07月27日

揺らぎ照明新たな挑戦!!

先週の木曜日7月20日は北洋銀行ものづくりテクノフェアが開催され、当社は開発部の自社開発品を出展し当社のものづくり体制をPRしました。
従来より販売をしている、カラスまいったーU、シャ楽、オレンジボックスなど、さらに現在開発中の揺らぎ照明とコーンバーを展示し来場客の興味を引きつけ、当社が電材商社でありながらも開発型企業のイメージを発信する事できました。
 CIMG1.jpg

揺らぎ照明は6月に、光源の揺らぎプログラムとセンサーとの制御方法について、以前より申請していた特許を取得しました。
これについては北海道立総合研究機構と株式会社電制様とのご協力により共同特許という形で特許証をいただく事が出来ました。
 CIMG2.jpg

また、6月に札幌市の「海外観光商材支援事業」に揺らぎ照明を利用する「海外客向け工芸土産品テーブルランプの開発」というプロジェク名で土産品として揺らぎ照明の開発を申請し採択を受け今後商品開発を進めていきます。
 CIMG5.jpg

海外観光客の皆様に喜んでお買い上げいただけるような商品に仕上げたいと思います。
                              
                                    以上

Posted by 清水勧業 at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年07月24日

モノレール定期点検完了

清水勧業滑J発部ではメンテナンスや修繕などの施工管理も行っています
今回は先月実施したモノレールの点検作業についてお話いたします

水力発電所の水管路脇に人や資材を運搬するモノレールが設置されています
このモノレールは1年に1回定期点検を実施しています
エンジンが付いている動車部分の点検と昇り降りするレールの点検を行います
 クリップボード01.jpg

動車部分の点検は自動車の定期点検と同様に数十項目の点検確認作業を行います
消耗部品の交換、動作不良の確認、オイル交換やフィルター交換
電気系統のチェック、動作確認等を技術者が点検します
 クリップボード02.jpg

レールは地上から上部まで、最長で630mにも渡り敷設されています
このレールを支えている支柱部分のボルトに緩みがないか確認しながら手作業で増し締を行います(高所に恐怖を覚える人にとってはとてもつらい作業になると思います)

クリップボード03.jpg

クリップボード04.jpg 
札幌豊平峡、日高奥沙流、新得上岩松、然別第一、然別第二、旭川層雲峡
今回も全道6箇所の定期点検を無事に完了することが出来、ホッとしています

マウントライナーの詳細については以下のアドレスよりご確認できます

余談ですが
日高奥沙流は昨年夏の大災害で国道が寸断されています
現場に行くには災害復興特別許可書がないと現地に行けません
 クリップボード05.jpg

尚且つ現場は当然のごとく橋は流され対岸には川を越えて行くことになります
寸断された国道は今年9月の開通を目指しているようですので関係者の方には頑張って頂きたいと思います
 クリップボード06.jpg

技術で社会に貢献する開発部

Posted by 清水勧業 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ